読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子宮腺筋症外来の予約

病気と病院のこと


子宮腺筋症についてネットで検索し始めたのは2月7日のこと。その時、霞ヶ浦医療センターを見つけた。ここには「子宮腺筋症外来」というものがある。早速予約をしようかと思ったら、「3月の予約はいっぱいになりました。4月の予約は3月1日午後4時から再開します。」と書かれていた。2月7日の時点で既に翌月の予約がいっぱいとは、子宮腺筋症を患っている人が多いんだなぁ...と実感しました。よく見てみると、子宮腺筋症外来の診察は毎週火曜日に4名だけらしい。その月の火曜が4回しかないとすると、月に受診できる人数は16名。これは狭き門だ。

それから約1カ月待ち3月1日になった。予約の電話を掛けようとこの日を待っていた。予約受付時間は16:00~17:00。遅れないように朝からスマホのアラームをセットした。そして16:00になった。すぐに電話を掛けたがプープーという話中の音。やっぱりダメかぁ...。予想していたとはいえ残念だった。それでも1時間あるから、ひたすら電話を掛けては切りを繰り返した。気づくと17:00になっていて、結局この日は予約が取れなかったのですぐにホームページを確認してみると、4月の予約がいっぱいになったとの記載はなかった。ホッとした。明日もまた挑戦してみることにした。

3月2日16:00。電話を掛けてみたが今日も繋がらない。前日1時間電話を掛け続けたのに繋がらなかったことで、今日はかなり諦めモード。どうせ繋がらないんだろうと思いながら、それでも掛け続けた。すると今日は5,6回掛けた時に運よく繋がった。そして無事に4月の予約を取ることができた。この予約の電話では沢山のことを聞かれ、かなりの時間話していたように思う。ひとりとの通話時間が長くなるため1日で予約が埋まってしまうことはないんだという事がわかった。

何はともあれ予約が取れて本当によかった。