読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分が子宮腺筋症だと知った

病気と病院のこと

 

以前から2cmほどの子宮筋腫子宮内膜症卵巣嚢腫(右3cm・左6cm)があり、経過観察のため通院していた。1月初旬の診察で、今までと違う様子があったため癌になっていないかMRI検査(造影剤使用)をすることになった。昨日その検査結果を聞きに病院へ行った。検査の結果、癌にはなっていないことがわかった。しかし、新たな病気が見つかり「子宮腺筋症」だという。この病気の知識が全く無かった私は、担当医にどんな病気なのかと治療法を尋ねた。どんな病気なのかはその場の説明だけではあまり理解できませんでした。ただ「流産しやすい」という言葉だけが耳に残った。

治療法については、子供が欲しいかどうかにもよるけど、子供が欲しい場合は手術はできない。と言われました。また根治はなく薬で抑える治療だとも言われました。
結局昨日の話では子宮腺筋症よりも左の卵巣嚢腫の話がメインになり、卵巣嚢腫の手術を希望するか?手術する場合、開腹手術か腹腔鏡手術か?それとももう少し経過観察するか?それを考えてください。ただ、40歳を過ぎると癌化する可能性が高くなるとも言われました。当然それぞれのメリット、デメリットの説明は受けました。

帰宅後、さてこれから卵巣嚢腫をどうするべきか?考えを巡らせていました。ふと、子宮腺筋症が頭に浮かんできました。そういえば子宮腺筋症ってどんな病気なんだろう?それから色々調べてみました。

 
調べてみた結果は腑に落ちる内容でした。私には強い月経痛があり、お尻の方まで痛くなっていました。でも以前より医者から「あなたの子宮は後ろに倒れています」と言われていたことと、子宮筋腫があるのでお尻の痛みはそのせいだろうと勝手に思っていましたが、子宮腺筋症だったんですね。妙に納得してしまいました。


その後も色々調べていくと、「子宮腺筋症専門外来」なるものがあるとわかりました。そこでは、子宮全摘出以外の手術方法があり、妊娠できる能力を残せるそうです。まだ詳しくはわかりませんが、一度受診してみようと思っています。